トップ > 取扱商品 > エコアコールウッド > 特徴・比較・実績

ECO ACCORD WOOD エコアコールウッド特徴・比較・実績

エコアコールウッドの特徴

1.腐りづらい

エコアコールウッドは、これまでの保存処理木材と比較して非常に高い耐久性を持っています。
水の中という木材にとって、非常に過酷な状況においてもエコアコールウッドは腐りにくくフナクイムシによる被害も最小限に抑えることができることから、かの世界文化遺産「厳島神社」の補修工事にも採用されています。

  • ◎腐朽菌の侵害を防ぐ
  • ◎シロアリの食害を防ぐ

エコアコールウッドは従来の保存処理木材とは全く異なり、保存剤(エコアコール)が木材注入後に高分子化され、腐朽菌による木材成分の分解を困難にし、木材そのものが腐りにくくなるという特徴を持っております。また、シロアリについても同様のメカニズムで分解困難なため、栄養源とならないことから、食害されないという特徴を持っています。雨風にさらされる環境下や、土の中など、これまで木材を使用したくてもできなかった場面でこそ、エコアコールウッドはその真価を発揮します。

2.寸法安定性が高い

エコアコールウッド
  • ◎伸縮が少ない
  • ◎割れ・反り・ささくれの抑制

保存剤(エコアコール)が細胞壁を中心に入り込み固め、固定してしまうことにより伸縮が非常に少ないのです。
木の宿命でもある割れ・反り・ささくれもこの事により抑制しています。

3.安心の無毒性

従来の保存処理木材は木材を毒性化させ薬剤を溶脱させることにより腐朽菌やシロアリに対して耐久性を持っていました。
保存剤(エコアコール)は防腐・防蟻のための薬品ではなく木の性質変化をさせる薬剤なので木材も毒性化することなく薬剤の溶脱もありません。
その為、ヒメダカ実験においてもヒメダカに対する毒性は認められず、水中での薬剤溶脱がなく、水中でも安心して使用できることが確認されております。

4.国産ならではの安定供給

エコアコールウッド2

アイアンウッドは輸入品であることや木の成長スピードが遅い為どうしても安定供給がしにくい物でもあります。
それに比べ、エコアコールウッドに使用する杉は15年程で成木になるので非常に早いサイクルで間伐できます。
その上国産ということで輸送時間も大幅に短縮できるため安定した供給を行えるというわけです。

5.塗装可能によりデザイン幅向上

国産材に比べ圧倒的に腐りにくいという事からお庭ではアイアンウッドを使用することが多いのです。
しかしアイアンウッドは塗装がのらないのでどうしてもデザインの幅が狭まっていました。
エコアコールウッドは見ため、質感、重量を杉本来の姿で保ったまま耐久性を向上させているので塗装もしっかりとのせることができます。
皆様のデザインの幅を格段に増やしていただけるのではないかと思います。

エコアコールウッドと従来の水溶性保存処理木材との比較

エコアコールウッド従来の水溶性保存処理木材
保存のメカニズム 薬剤は主に木材組織の細胞壁に浸透。
薬剤が木材中で高分子化することにより細胞壁を固定。
(寸法安定性付与)(バルキング効果)
薬剤は主に木材組織の細胞内腔に存在、
細胞壁の固定は無い。
腐朽菌及びシロアリに対する効果 薬剤が木材中で高分子化することにより、
腐朽菌やシロアリによる攻撃を阻止。
(分解困難な状態にする)
木材中の薬剤そのものが、
腐朽菌やシロアリに効果を及ぼす。
割れ抑制効果(寸法安定性) 非常に高い 殆ど無し
薬剤の溶脱 無し 有り
(多少なりとも溶脱しなければ効果がない)
処理剤の外観 素材と同様で質感も殆ど変らない。 (銅系)・・・緑色
(AAC)・・・素材と同様

九州木材工業(株)技術資料抜粋

アイアンウッドとの比較

エコアコールウッド(杉)アイアンウッド(ウリン)
属・科目 ヒノキ科スギ亜科 針葉樹 クスノキ科 広葉樹
原産地主に福岡県産材 インドネシア
比重0.4~0.5 0.96~1.04
特性耐久性に優れる
寸法安定性抜群
木目や節といった木のぬくもりが感じられる
耐久性が強い
水に強い
耐用年数 16年~(現在も更新中) 20年~
長所杉の見た目を保ちつつ耐久性を持つ
寸法安定性に優れているため時間がたっても
反り・割れ・ささくれが少ない。
非常に耐久性を持った屋外環境でも
20年以上も対応する。
木目が感じられない程滑らかで美しい
短所保存剤が芯まで染み込んでいないので
カットして使う場合は塗布液を
カット面に塗らなくてはならない。
切り屑のタンニン(ポリフェノール)が赤く染み出る。
(キッチンハイターで落とす事ができる)
施工 軽く柔らかい為、加工・施工がしやすい。 重く硬い為細かい加工は不向き
安定供給性
塗装 ×

採用実績

世界文化遺産にも認定されている広島県の「厳島神社」にもエコアコールウッドが採用されております。水の中という木材にとって非常に過酷な状況においても、エコアコールウッドは腐りにくく、フナクイムシによる被害も最小限に抑えることができるからです。
他にも雨風にさらされる環境下や、土の中など、これまで木材を使用したくてもでUきなかった場面でこそ、エコアコールウッドはその真価を発揮します。

  • 世界遺産 厳島神社
  • 愛知万博ガスパビリオン
  • 吉野ヶ里歴史公園
  • 金沢城
  • 九州国立博物館
  • 阿蘇くまもと空港

資料提供・製造元:九州木材工業株式会社
※詳細は九州木材工業のHPをご参照下さい